【競馬基礎知識】ペーパーオーナーゲーム(POG)をたのしむ

基礎知識

いつかは馬主になりたい。そんな夢を持っている方も多いのではないかと思います。

組合馬主の会員として間接的に馬主になる方法(一口馬主てやつですね)で馬主気分を味わう方法があったりしますが、こちらも人気馬はそれなりの費用がかかりますし、なにより人気が殺到し、なかなか一口の権利を手に入れるのも難しいという話を耳にします。

ペーパーオーナーゲームは、仮想馬主となって実際の競走馬のオーナー気分を味わえるという点で最も手軽に馬主気分を味わえる方法かなと思います。

というわけで馬券以外の競馬のたのしみ方に触れるという意味でも、今回は、このペーパーオーナーゲームについて説明していきたいと思います!

コラム:個人馬主になるための条件(JRA)

個人馬主になるにはどんな条件があるのか?
ちゃんとJRAのホームページに掲載されていたので、そちらをかいつまんで紹介したいと思います。

  • 日本中央競馬会競馬施行規程第7条第1号~第13号に定める事項のいずれにも該当しないこと
  • 今後も継続的に得られる見込みのある所得金額(収入金額ではありません)が、過去2か年いずれも1,700万円以上あること
  • 継続的に保有する資産の額が7,500万円以上あること

1点目は、ざっくり言うと犯罪者や反社などではないことや関係者(JRA職員など)でないことなど一般的にそうだよねということが定められているだけとなります。

2点目、ここからハードルが超高くなります。過去2年の所得(≠年収)が1,700万円以上でこれが継続的に得られることとなってます。
所得なので、年収から経費や税控除を引かれた額となります。自営なのか会社員なのかなど人によって事情が変わりますが、おそらく年収2,000万以上が必要ではないかと思います・・・

3点目、追い打ちをかけるように保有する資産が7,500万円以上あることとなっており、この資産に含まれるのは個人名義の不動産、預貯金、有価証券だけとなります。また負債がある場合、資産から差し引かれることとなります。

やっぱりハードル超高いですね。
上記を満たして馬主に登録されても、それ以外に馬の購入、預託金の支払いなど金銭面の負担が高く、そうやすやすとなれるものじゃないなと改めて認識しました。

その他、馬主資格の詳細に関しては、JRAのHPをご確認ください。
https://www.jra.go.jp/owner/howto/requirement/

スポンサーリンク

ペーパーオーナーゲーム(POG)とは?

ペーパーオーナーゲーム(Paper Owner Game)、略してPOG(ピーオージー)ともいわれますが、こちらは、冒頭でも述べた通り参加者が仮想馬主となり実在の競走馬を指名して、その成績を競うゲームとなります。

基本的なルールは、

  • 参加者内で各種ルール(指名頭数や他の参加者と重複可否など)に基づき競走馬を指名
  • 指名する競走馬は、デビュー前の2歳馬、3歳馬が対象となります
  • 指名した競走馬の出走や獲得賞金などをポイント換算して合計していく
  • 一定期間の獲得ポイント数で勝敗を競う

となります。

ゲーム開催期間は、通常、2歳馬のデビューが始まる6月から始まり、翌年の日本ダービー(東京優駿)開催日まで行うケースが多くなっています。

このペーパーオーナーゲーム、具体的にこの年から始まったと定義できるものがないようですが、1990年代後半から、雑誌メディア内など各所でイベント的に開催され、認知されるようになり、そこから徐々に広まっていったと言われています。

2000年代に入り、JRAの子会社であるJRAシステムサービス(株)が提供している競馬情報サービス『JRA-VAN』にてPOGが開催されるようになったり、同様に日本最大級の競馬情報サイトである、netkeiba.comでPOGが開催されるようになるなどネット上のサービスとして展開されることで、広く普及していきました。

これらのサービスは、基本的に、PCやスマホを持っていれば誰でも簡単に、しかも基本的に無料で参加することができ、また成績上位者には賞品が用意されていたりするので、年々参加者が増え規模が拡大しているように見受けられます。

ここからは、ネットで参加できるPOGの有名なものをいくつかピックアップして紹介したいと思います。

ネットで参加可能なPOG紹介

2024年~2025年シーズンで開催されているネットで参加が可能な主なPOGに関して、ルールや賞品などを紹介します。

JRA-VAN POG

JRAの子会社であるJRAシステムサービス(株)が提供している競馬情報提供サービス『JRA-VAN』内で解されており、国内最大規模の参加者を集めているPOGとなります。

2023年-2024年シーズンの参加ユーザー数が10万超えとその規模感をご理解いただけると思います。

参加資格・参加方法

JRA-VANの会員登録をしていること(JRA-VAN IDを取得していること)
※1人で1アカウントでの参加となります
 複数アカウントで参加すると賞品の受け取り権利が消滅することがあります

指名馬とポイント集計

指名可能期間
新馬戦開始前週~年内
※2024年-2025シーズンは、5月28日(火)~ 12月28日(土)まで

指名可能数
10頭まで(制約・制限事項無し)

指名方法
・指名期間内であれば、複数回に分けて選択可能
・デビュー戦を迎える前日まで指名が可能
・一度選択した馬もデビュー戦を迎える前日までなら取り消しが可能
・デビュー後の変更は不可

ポイントおよびポイント集計対象

ポイントの定義
獲得賞金額がそのままポイントとして加算されます
ポイント集計対象はJRA主催レースのみ(地方交流、海外重賞は対象外となりま

ポイントの集計期間
新馬戦開始から翌年のダービー当日までが対象期間となります

賞品

賞品は、全期間を通じて獲得したポイントで決まるトータルポイント賞と、2歳戦(年内)終了時の獲得ポイントで決まる2歳トータルポイント賞の2つのカテゴリーがあります。

【トータルポイント賞】

1位
賞金 50万円
JRA-VAN POGオリジナル表彰盾

2位
賞金 20万円
JRA-VAN POGオリジナル表彰盾

3位
賞金 10万円
JRA-VAN POGオリジナル表彰盾

4位
賞金 5万円
JRA-VAN POGオリジナル表彰盾

5位
賞金 3万円
JRA-VAN POGオリジナル表彰盾

6~10位
JCBギフトカード 2万円分

11~20位
JRA-VAN POGオリジナルQUOカード 1万円分

21~50位
JRA-VAN POGオリジナルQUOカード 5千円分

51~100位
JRA-VAN POGオリジナルQUOカード 3千円分

飛び賞(200位~1,000位までの100位刻み9名、2,000位から30,000位までの1,000位刻み29名
JRA-VAN POGオリジナルQUOカード 1千円分

【2歳トータルポイント】

1位
JCBギフトカード 5万円分

2位
JCBギフトカード 5万円分

3位
JCBギフトカード 1万円分

4~10位
JRA-VAN POGオリジナルQUOカード 5千円分

11~30位
JRA-VAN POGオリジナルQUOカード 3千円分

飛び賞(100位~1,000位までの100位刻み10名、2,000位から30,000位までの1,000位刻み29名
JRA-VAN POGオリジナルQUOカード 1千円分

その他、特徴など

指名した馬は出走するまで変更可能なので、一旦、気になる馬を登録しておけば、出走が決まったらメールで通知してくれるので、そのタイミングで残すか消すかを判断することができます。

JRA-VANならではの情報提供が豊富で、2歳馬のカラーパドック情報(立ち姿の写真)や牧場レポートなど動画や読み物などのコンテンツが充実しています。

netkeiba.com POGダービー

日本最大級の競馬情報サイトである、netkeiba.comで開催されるPOGとなります。

参加ユーザーがこちらも5万を超える大規模なPOGとなっています。

参加資格・参加方法

netkeiba.com会員登録をしていること(無料会員で参加可能です)
※1人で1アカウントでの参加となります
 複数アカウントで参加すると賞品の受け取り権利が消滅することがあります

指名馬とポイント集計

指名期間
新馬戦開始前週~年内

指名可能数
10頭まで(制約・制限事項無し)

指名方法
・期間中、複数回に分けて選択可能
・デビュー戦を迎える前日まで指名が可能
・一度選択した馬の登録削除・変更は不可

ポイントおよびポイント集計対象

ポイントの定義
・獲得賞金額の1万分の1がポイントとなります(小数点以下切り捨て)
・出走した時点で10ポイントのポイント加算があります
・ポイント集計対象はJRA主催レースと地方競馬となり、海外は対象外となります

ポイントの集計期間
新馬戦開始から翌年のダービー当日までが対象期間となります

賞品

1位
Amazonギフトカード 10万円分
指名馬の写真パネル
netkeibaプレミアコース 1年間利用権

2位
Amazonギフトカード 5万円分
指名馬の写真パネル
netkeibaプレミアコース 6ヵ月利用権

3位
Amazonギフトカード 3万円分
指名馬の写真パネル
netkeibaプレミアコース 3ヵ月利用権

4位、5位
Amazonギフトカード 1万円分
指名馬の写真パネル
netkeibaプレミアコース 1ヵ月利用権

6位~10位
Amazonギフトカード 5千円分

11位~20位
Amazonギフトカード 3千円分

21位~50位
Amazonギフトカード 1千円分

51位~100位
Amazonギフトカード 5百円分

その他、特徴など

こちら一度登録した馬の変更ができないルールがあります。

よって、一度に10頭分全てを指名してしまうのではなく、注目馬をリストアップしたら出走直前まで情報収集し1頭ずつ指名する/しないの判断を行うことが大事となります。

尚、こちらも最大の情報サイトならではの情報提供が豊富で、有力馬紹介などの動画や記事が豊富に用意されています。

また、便利機能として指名候補馬をストックしておけるマイリスト機能があります。

この機能は、注目している2歳馬を記録して馬券に活かす意味でも使える機能だなと感じてます。

日刊競馬POG

その名の通り日刊競馬さんが運営しているPOGとなります。

こちらPOGの草分け的な存在で、長年にわたりユーザーの支持を得ています。

参加資格・参加方法

日刊競馬サイトの会員登録をしていること
※1人で1アカウントでの参加となります
 複数アカウントで参加すると賞品の受け取り権利が消滅することがあります

指名馬とポイント集計

指名期間
新馬戦開始前まで
※2024-2025シーズンは5月30日で受け付け終了となっています

指名可能数
10頭まで(制約・制限事項無し)
尚、指名馬の中から1頭を”看板馬”として登録します

指名方法
・指名期間の締め切りまでは、登録・変更は自由に可能

ポイントおよびポイント集計対象

ポイントの定義
・獲得賞金額の1万分の1がポイントとなります(小数点以下切り捨て)
・看板馬が勝ち星を上げるごとに1千ポイントのボーナスが加算されます
・1週間毎にサイトにログインしてコメント書き込みをすると50ポイント加算されます
・指名馬10頭すべてが1勝した場合、1万ポイントのボーナスが加算されます
・指名馬10頭すべてが2勝した場合、さらに1万ポイントのボーナスが加算されます
・ポイント集計対象はJRA主催レースのみ(地方競馬、海外は対象外となります)

ポイントの集計期間
新馬戦開始から翌年のダービー当日までが対象期間となります

日刊競馬の特徴『ミーハー値』
上記ポイントとは別にミーハー値という数値があります。
これは、指名馬を指名しているユーザーの総数を表し、良血馬、有力馬などは指名する人が多くなるためこのミーハー値が高くなり、逆に無名の馬を指定するとミーハー値は低くなります。
ミーハー値は、指名期間終了時点(新馬戦開始時点)で算出されます。

賞品

【総合ランキング】

1位
10万円分の商品券

2位
4万円分の商品券

3位
2万5千円分の商品券

4位
1万5千円分の商品券

5位
1万円分の商品券

6~10位、50位、100位、777位、1000位、2000位、3000位、4000位
5千円分の商品券

【中間ランキング】

年末時点で1~10位、50位、100位
2025年日刊競馬カレンダー

【ミーハー値1000以下ランキング】

ミーハー値の合計が1000以下になったユーザー限定でポイントを競うランキングです。
10頭の指名馬を指名している他ユーザーの合計が1000以下となった人たちで争われる賞金ランキングです。

いわゆる人気薄の馬たちを指名した人たちの争いとなります。
ここでトップをとり、かつ全体のランキングでも上位になるというのがカッコいいですよね(個人的な感想です。スイマセン)

1位
4万円分の商品券

2位
2万円分の商品券

3位
1万円分の商品券

4位、5位
5千円分の商品券

その他、特徴など

なんといってもポイントのつけ方が面白いですね。
看板馬やコメントでポイント付与される仕組み、指名馬全てが1勝、2勝を上げたらボーナス付与など。
そして、なんといってもミーハー値の仕組みは、個人的に心揺さぶられるところがあります。
自分しか指名しない馬でポイントを稼いでやるという闘争心を掻き立てられますね。

スポンサーリンク

POGに参加することの利点

POGをやってみて、個人的に実感している利点が3つあります。

馬券検討に役立つ

1点目は、なんといっても馬券検討に役立つという点です。

指名馬を選ぶ段階で、各種情報収集を行いますが、その過程で得た情報は、その後の馬券検討に役立てることができると感じています。

POG観点では、2歳/3歳戦を見据えた検討となりますが、実際の競馬では、古馬になり活躍する馬も出てくると考えています。そいった注目馬の目星つける点で、POGの指名馬を検討することが役立つと考えています。

良血馬や高額取引された馬たちは、POGや実際の競馬で実力が知れるまで人気します。このケースは旨味はないですが、逆にこの馬なんでこんなにPOGで人気がないんだろうという馬は、実際の競馬に行っても人気がないケースがあります。

デビューを迎えるまでに体質が弱い、蹄や足の形状などに問題を抱えているといった情報が出てきて、それで人気していないのかと分かるケースもあれば、特に何もない(=明らかな問題はない)というケースがあります。

後者のケースのような馬をウォッチしていくと、好配当を得るチャンスを得られるかもしれないなと思いました。

2024-2025シーズンの血統でみるPOG注目馬(牡馬編、牝馬編)を、こちらでまとめています。
ご参考まで。

ノーリスクで賞金・商品を得られる

2点目は、そのままズバリ、賞金・賞品を得るチャンスがあるということです。

JRA-VANやnetkeiba.comなど大規模なPOGの賞品は、上で述べた通り、なかなか豪華なものがあると思います。

もちろん、賞金・賞品を得るには、好成績を残すことが必要で、それが容易じゃないのは自明の話ですが、そもそも参加費無料でノーリスク。それでいて、うまくいけば数十万円+賞品を得るチャンスがあると思えば、やらない手はないかと思いました。

また、これは人によるかもしれませんが王者または成績上位者(Top xx)の称号が、至高の喜びとなることもあるかと思いました。

たのしみが増える

最後に、個人的には、これが一番大きいですが、競馬ライフのたのしみが増えることです。

馬券を買う買わないにかかわらず、自分の指名馬が出るレースは、当然、チェックしますし、その勝敗を見て、次走いけそうかとか、次走は、条件変えたほうがいいとか仮想馬主ではなく仮想調教師になってあれこれ考えたりします。

2歳馬戦の馬券の相性が個人的に、よろしくないので馬券購入はほとんどしないのですが、POGがあることで、2歳馬戦は別のたのしみ方ができています。

余談ですが、JRA-VAN POGでは、指名馬の馬名決定や出走決定をメールで通知してくれるので、見落としが無くなり、大変重宝しています。

スポンサーリンク

POGをやってみる

ここまでPOGの概要とネットで参加可能な有名どころのサービスを3つピックアップして紹介させていただきました。

無料で参加でき、なおかつ、あわよくば、それなりの賞金や賞品を手に入れるチャンスもあるという、やらない手はないというものかと思います。

またPOGを通して、その年にデビューする馬たちの知見が増え、まわりまわって馬券の予想に役だったりすることもあると考えています。

ただ、POGの醍醐味は、なんといっても競走馬を単に予想と馬券の対象としてみるのではなく、思い入れを持って応援する対象として、その勝敗や状態に一喜一憂する。まさに馬主の気分を多少なりとも垣間見ることができることかなと思います。

まだ、一度も参加したことがないという方は、これを機に、自分に合う合わないを判断する意味でも一度トライしてみてはいかがでしょうか。

基本的に、JRA-VANとnetkeiba.comの両方にエントリーしておけば、十分楽しめるかと思います。

余裕があれば、もう一つ自分に合うルールで行われているものを見つけて参加するといいかもしれませんね。

JRA-VAN POG
https://jra-van.jp/pog/

netkeiba.com POGダービー
https://pog.netkeiba.com/

日刊競馬 POG 2024-2025
https://www.nikkankeiba.com/pog2024/pog2024.html
※日刊競馬POGの2024-2025シーズンは締め切られています。参考までに掲載しました

馬券だけじゃない競馬のたのしみ方を増やすことで、より充実した競馬ライフが送れるようになるといいなと願っています。

※馬券は20歳になってから。馬券は程よく楽しみましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました